スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・介護日誌最終回(MIN)

義母は、9月29日午後3時「呼吸不全」で逝った。86歳だった。
我が家での介護は通算2年で、途中半年ばかり実家に戻ってディーケアーに通っていた。
病院が嫌いな人で、病院にいると「捨てられた」と狂ったように叫ぶのだった。
そこで、我が家で介護することとなったのだ。
この日は、北○診療所の医師による訪問医療の日で、医師がいる最中に亡くなった。
医師が来る前から、だんだん目が虚ろになってきていたと息子が言っていた。
「これまでよく頑張りました」と医師が言っていた。3ヶ月前に、酸素吸入を始めてから随分元気になったこと、N子は「あと2年位生きるのでは」と思ったと。
もともと、北○診療所で診断してもらった時、「骨と皮で、老衰状態です」と言われていた。
食事も細く、3口ぐらいしかたべられなかった。それを、栄養補助剤でまかなっていたのだ。
喘息で、心臓も悪かった。「いつ死んでもおかしくない」と、医師にも言われていた。
葬儀は実家でするので、すぐに実家に運ばれていった。
今は、空になったベットが残っているだけである。
これで、介護日誌は終わりです。どうも、長い間ありがとうございました。
スポンサーサイト

続・介護日誌20(MIN)

続・介護日誌20
 N子はお盆に、親戚の新盆のため実家に行った。義母も、役所から「要介護度を直接みたい」との要求があり、実家に帰ることに。結果は、「要介護度3」ということになるようだ。1泊して帰った義母は、さすがに疲れたようで寝ている時間が多い。
 お盆前に訪問診療に来た医師は、「手術の直後より、だいぶよくなっている」と云う。医師への受け答えがしっかりしてきたし、顔色もよくなったと言うのだ。周りから観ると、それほどよくなっているとは思われなかったが、言われてみれば納得である。
 さて私の膀胱腫瘍の手術後の治療方針は、「種類が表在性(皮膚の表面に飛び出ていた)で、単発で、初回」であることから「追加治療なし」(患部は、完全に切除した)との医師の説明であった。今後は、3ヶ月に1回の「経過観察」を行うというのだ。当初予想していた(自分の都合のいいように)とおりであった。
 良性でなかったことだけは残念であったが、なんの後遺症もないのだから「よかったじゃないか」ということになる。今後とも、免疫力を低下させない健全な生活を維持するため、ちょっと努力しようと思っているのだ。

続・介護日誌19(MIN)

続・介護日誌19(MIN)
義母はこのところ、陽気がいいと大型スーパーに喜んで出かけます。帰ると、さすがに
疲れるようでぐっすり寝ます。腸閉塞の手術後、家でハイハイも始めました。介護保険
の手続きも、近くの北○診療所でするようになり安心です。
 さて私ですが、3泊4日の入院から帰宅しました。手術そのものは、たった10分で終
わりでした。病名は、膀胱腫瘍。内視鏡で挟んで切り取ってお終いでした。内容物を生
物検査して、良性ならこれで終了。悪性なら、3ヶ月に1回の内視鏡検査でようすを見
ることで決着です。薬は、1週間ぶんの抗生物質のみでした。これで、明日から通常の
生活です。皆さんご心配かけました。

続・介護日誌18(MIN)

続・介護日誌18(MIN)
 義母の酸素吸入の姿は、ほとんど見ない。調子の悪い時だけやっているのだ。普段は、鼻に付けることを嫌がっている。その義母には、週1回の訪問看護と月2回の往診が訪れる。義母は、自分を訪ねて来てくれることが嬉しいのだった。
 義母の介護に大変なN子が、今度は連れあい(私)の介護が必要になるかもしれなくなった。エコー検査で、尿道にポリープが見つかったのだ。旧国立○葉病院の泌尿器科に廻され、内視鏡検査の結果15ミリの腫瘍が確認された。しかし、位置が微妙な処にあるというので、レントゲン検査をすることになった。その結果は、肝臓からの管とも接触していないので、内視鏡手術での切除が可能という判断がくだった。
 ということで、7月9日入院・10日手術・12日退院の予定で旧国立千○病院にお世話になることとなった。この腫瘍が悪性かどうかは、最終的には取ってみなければ分からない。危なそうであるが、「なんとかなる」と思っているのである。

続・介護日誌17(MIN)

続・介護日誌17(MIN)
 義母が診療所から戻った翌日、酸素ボンベが家に運ばれてきた。「24時間の酸素吸入」との診断結果がでたのだ。更に、秋○所長による「往診」が月に2回始まることとなった。さすがに酸素ボンベが運ばれて来たときには、「これは大事になってきた」と思ったが、酸素吸入すると義母は楽になるみたいだ。しかし、気丈になっている時は煩わしいようで「外してくれ」と、要求するのであった。
プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。