スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのみきのまま

うさえもん

編集長の談の中で、
おおお、そのとおり!なにかあったらそのとおり、
と思った言葉です。

親父さんの入院で病院に寝泊り(簡易ベットを借りた)したり、
実家に寝泊りしていて、
気が着いたら、ザックひとつで2週間すごしていました。
病院と実家と自分の部屋と泊まり渡り、
そして地震でダメージがあった職場に半日間の肉体労働の2週間でした。

病院で不便だったのは時計でした、設備はビジネスホテル並なのに、
(値段はビジネスではないな)ありませんでした。
出棺の時に思い出しました、
親父さんが退職の記念にと、姉さんと私に腕時計を買ってくれたことを。

自動巻きで電池が要らないこの時計、30年ぶりに時を刻んでいます。

スポンサーサイト

本番に強い?

うさえもん

親父さんの具合は悪化していて、
先週の7日についに入院した。
姉ちゃんと病院に泊り込むと決めて、さて?
「家の雨戸を閉めなきゃあ・・・」となり、
じゃあ・・・と私が行くことになったが。
タクシーを飛ばして病院に駆け込んでみたが、
「あんた!あそこの窓は?」
へっ?!入院で仰天してるんだワタシ。

「マッタクウ・・・」姉ちゃんはブツブツ言いながら、
次のセリフを吐いた。
「私、本番に強いよ。」
そのセリフ、よく憶えていてね!と気がついたら、
どすの利いた声が出ていた。

11日、酸素吸入マスクが外れた親父さんの側に居たら、
ぐらぐらときた。
とっさに見てた新聞を親父さんの髪の少ない頭部に乗せ、
布団で身体を押さえていた。
長かったです、点滴のスタンドもベットも揺れました。

ふと見ると、
姉さんはコートをはおり、
帽子をかぶり、
ザックを背負い、
病室の出入り口におりました。

一生憶えていると思います。
なにせ、翌日90歳で父は他界しましたので。

元気です(水玉文庫)

11/03/16
水玉文庫
○元気です
みなさん、お元気ですか?

地震の日は休日で
東京の家にいました
古い木造アパートで
外に出るか
机の下にもぐるか
トイレに逃げるか
の三択を迷って(いつも迷う)
トイレの前の洗面所にいました
正解かどうかはわかりませんが
怪我なくすみました

福島には実家があります
内陸部なので
親族は怖い思いをしたけれど
みな無事で
私の場合
地震当日の夕方には
それを確認できたので
安心して週末を
過ごすことができました

一昨日、昨日と
親しくしている
福島県浜通り出身者たちから
連絡が入りました
彼らの身内も
奇跡的に無事だった
ということで
一緒に喜びました

もちろん原発のことは
頭から離れないわけで、
でも生きてこそ
ということもあるので
一緒に喜びました

これからどうなるかわかりません
『風が吹くとき』
みたいになるのかな
と思いつつ
職場に行っては
仕事そこそこに
人と話して安心し、
家では
マンガ読むか
ネット見るか
食べるか
寝るか
しています

たまに考えごとをするのですが
そこに不安はなく
あきらめで
覚悟で
希望です
気が早いのかもしれません

希望にむけての行動は
今はまだできないので
とりあえず生活レベルで
いろいろ観察しておきます

ながなが
書きましたが
まあ元気だ、
ということです

みなさんもお元気で。

水瓶座のヨウコさん

うさえもん

ヨウコさんとご飯を食べる。
なにせ転職すると聞いたので。
6年前に担当した催物に参加していた方だった。

2年後、職場内で声をかけられた、
「あの時の方ですか?参加者でした。」
へええ?今は同僚?!

次の年には、隣の端末でお仕事をしていた。
「あのね、大学の聴講生です・・・」
「前は保育の仕事をしていて、大卒の資格をとりたいの」
「レポートが大変!」
「卒業できました!」
「エアロビクスに通って体力つけています」
と、いろいろ聞いていたのでした。

この2月、更新できたかな?との私の心配は無用でした。
「保育の仕事での採用試験に受かりました」
「転機は去年の4月、長男(20代)の一言で、“いつまでやっているの?”だったの。」
ヨウコさんは、九紫火星の水瓶座の生まれ。
元気良くご飯をご一緒して健闘を祈りました。

プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。