スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらぬ母(水玉文庫)

12/08/15
水玉文庫

○変わらぬ母
実家に帰り、両親、弟、親戚と会う。
身内だからか、みなストレートな物言いをする。
穏やかならざる状況もしばしばである。
家族、親戚とはこのようなものなのだろうか。
私にとってはこれが標準であるのだが、常々疑問である。

ところで、私は母の話を聞く度に疑問に思うことがある。
母は父及び父方の親戚に相当苦労させられており、
あの人はあの時ああだった、こうだった、
と会う度に同じ話をする。
母の話は、母にとっての絶対的事実だろうけど、
当事者でない私からするとどうなんだろうと思うこともしばしばである。
気になることは、母が被害者としての自分語りとして繰り返すことで
被害者である自分像を強化していってることである。

気になることはほかにもある。
たとえば、年老いていく父の態度や発言は少しずつ変化しており、
父は変わったなぁとつくづく思うことがある。
それを母は気づいていないのか、
気づいていても知らない振りをしているのか、
私がお父さんは変わったよ、といっても
それを認めることは決してなく
「お父さんは○○だ」といい、
同じ行動を繰り返し、父に叱られている。(まるでコント)

母をみていると、
不満だらけの変わらぬ世界に安住しているんだなと思う。
繰り返される同じ話は適当に聞き流そうと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。