スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オヤジ会の花見(その後)  星林

暖かくなったようで寒いような気候が続きますが、いかがお過ごしですか。「オヤジ会」という娘達の中学時代の総会(OB含め公称90名、実働20名、運動会の巡視・テニス・花見・サイクリング・登山などで交流)があり、出かけました。この場に中学1年の子供を持つ若い父親が4名も参加しました。例年0~2名で、近年に無いことです。近隣で関係を結びたいという仕事に疲れたオヤジが多くなりつつあります。いいことです。
スポンサーサイト

「自由と壁とヒップホップ」千葉上映会(4/26)のお知らせ

メルマガ読者の友人より以下の告知を頼まれましたので、お知らせします。
パレスチナのラップミュージシャンを追ったドキュメンタリー作品です。

「自由と壁とヒップホップ」千葉上映会
日 時:2014年4月26日(土)13:30~(13:00開場)
会 場:千葉市生涯学習センター 2階ホール(中央図書館の建物です)
資料代:一般1,300円  高校生以下無料
※上映協力金 一口800円につき「上映協力鑑賞券」を1枚差し上げます。
主 催:マルハバ!パレスチナ
問合せ:℡ 090-5301-8171(岡) 
    E-mail maruhaba.palestine@ac.auone-net.jp

詳しくは、マルハパ!パレスチナのブログをご覧ください。
http://marupale.blog134.fc2.com/

吉野桜を見物してきました。西沢昭裕

二泊三日で奈良の吉野の桜をみてきた。
 山桜の良さを堪能。初日は磨崖仏の大野寺のしだれ桜、室生寺、長谷寺、さらに又兵衛桜をみて、吉野山の中千本の宿に入った。中の日は奥千本まで登ったがまだ全く咲いていなかった。西行庵もひっそりしている。上千本まで下ってくると山桜が全山を埋め尽くすかのように咲き出している。
 中千本ちかくには鎌倉末期の後醍醐天皇陵もある。が、私は、南北朝時代より七百年も昔の壬申の乱の舞台となった吉野のほうがはるかに歴史ロマンを感ずる。天智天皇の弟である大海人皇子は、この吉野に逃げて反乱を周到に準備し近江朝廷軍を破って天武天皇になった。
談山神社の神幸祭

 きのうは帰りは朝一番に宿をでて多武峰(とうのみね)の談山神社を訪ねた。
 談山神社は20年くらいまえに女房と門が閉まる寸前に入ったことがある。あのときの深とした夕闇せまる談山神社が忘れられないが、今度は朝いちばんに入った。
 中大兄皇子と中臣鎌足が蘇我蝦夷、入鹿を倒す密談をした場所だから談山神社(たんざん)というのであるが、むろん藤原氏の元祖鎌足を祀っている。蘇我氏を滅ぼして中大兄皇子が天智天皇になり大化の改新を断行するのである。
 桜よりも紅葉の名所であるが、桧皮葺の十三層の塔を背景に咲き誇る桜もまた悪くない。ちょうど春の神幸祭が始まるのに幸運にも遭遇した。篳篥(ひちりき)の音色にあわせて神事がはじまった。宮司さんが花粉症なのかマスクをして現れたが祝詞(のりと)がはじまるとマスクを外したので不謹慎にも思わず笑ってしまった。われわれも榊でお祓いをしてもらった。
 神社から数百㍍離れた森のなかに鎌足の二子である藤原不比等の墓があった。十三層の石塔である。正面からみる石塔はきれいに十三層に積み上がっているが、なんと裏に回ると十三層の石がことごとく破損している。なぜだろう? 廃仏毀釈のせいか?今後の宿題が残った。
 この二泊三日の旅で、宮部みゆき責任編集「松本清張傑作短編コレクション」(文春文庫)の三巻本を半分くらい読んだ。女房たちが雑踏の夜桜見物に出ている間に独りちびりちびりと二つ折りの民宿の座布団を枕に小説を読むことほど楽しいことはない。
 松本清張は九州小倉の人である。芥川賞をとった初期の作品『或る「小倉日記」伝』を再読する。「小倉日記」とは小倉連隊の軍医部長だったころの森鴎外の日記である。さらに「ヰタセクスアリス」を書いた森鴎外の小倉時代の秘密に触れている『削除の復元』も短編ながらたまらなく面白い。しかし清張の小倉時代の極貧生活を描いた自伝風の『骨壺の風景』を読んで粛然としてしまった。わたしは今年こそはどうしても小倉の北九州市立松本清張記念館に行かねばならないと決意した。


かにた

MIN
 「山田風太郎明治小説全集7」の中に、「明治かげろう俥」という作品が収録されている。その中に、明治33年に「日本娼妓解放」ののろしを救世軍(キリスト教の一派)があげたという読売新聞の記事が紹介されている。小説では、吉原に救世軍がデモ行進している場面があった。同時に、主人公の1人が売春婦を「ブラックマー・ホーム」という女性保護施設に預ける話がある。「ブラックマー・ホーム」というのは、アメリカの婦人が売春婦3人を救って収容したのがはじまりで、アメリカ本国の有志の募金で賄われている施設のことである。
 この本を読んでいる最中に、館山市にある「かにた婦人の村」(設置経営者・社会福祉法人ベテスダ奉仕女母の家)への取材要請があった。この村の敷地内には、元日本人従軍慰安婦の願いによって建てられた「従軍慰安婦の碑」があるというのだ。ここで、「かにた婦人の村」の前身が売春禁止法(1956年公布)が施行された際に、売春婦たちを収容する東京の施設(厚生省の認可で)の1つだったことを知った。日本でのキリスト教の婦人保護事業というのが、明治に入った直後から始められていたこと。日本という国が、まれにみる買春容認国家だったという土壌の深さを知った出来事でもあった。

マレーシア・ボルネオ旅行記  西沢昭裕

 数年前に北ベトナムの棚田をみにいったことがある。そのときに中国系マレー
シア人のウオン夫妻と親しくなった。この夫婦が昨年日本にきたので今度はうち
の夫婦で2月末にマレーシアの首都クアラルンプールを訪ね、ウオンさん宅に3
泊した。クアラルンプールはきれいな大都市だと思った。後半の3泊はボルネオ
のコタキナバル。 マレーシアがイスラムのスルタンをいただく立憲君主制であ
ることをはじめて知った。短い訪問だから詳しくはわからないがマレー人、中国
人、インド人などが共存して暮らす平和な国にみえた。マレー人はイスラム教、
中国人は仏教または道教、インド人はヒンズー教徒が多い。政治的にマレーシア
がASEANをリードしていて、南沙諸島の領有権問題でもASEAN加盟国が結束して中
国と平和的に外交交渉をしているようだ。

―――――マレーシアに来て三日目にウオン夫妻の車でマラッカを訪問しました。
クアラルンプールは30数度で閉口しましたが、マラッカはマラッカ海峡に面して
いるせいか、それほど暑くありません。
 ポルトガル人がマラッカに現れたのは1511年、そのときにポルトガル軍が築い
た要塞が残っています。その丘の上から見下ろすと遙かかなたのマラッカ海峡を
行き来する巨船が何艘もみえました。鹿児島出身の「やじろう」がマラッカで出
会ったフランシスコ・ザビエルに心酔し、ザビエルを連れて日本に帰り島津の殿
様に紹介したという祈念碑もカトリック教会の庭にありました。
 ポルトガルは新興勢力のオランダに追い払われ、そのオランダもイギリスにマ
レー半島を奪われ、イギリスの長い植民地支配が続きますが、1941年12月8
日にマレー半島を侵略した日本軍にイギリス軍は降伏。(太平洋戦争は真珠湾攻
撃より数時間早い日本軍のマレー半島攻略ではじまった)
 イギリスを追い出した日本軍は、祖国中国をいわゆる援蒋ルートで支援する中
国系マレー人弾圧をはじめます。マレー半島の全域で1945年8月15日までの日本
軍統治時代に殺害した中国人殉難碑がおおきな町にはすべて立っていることを知
りました。またサンダカン以外にも日本軍従軍慰安婦所あとも遺されていること
もはじめて知りました。わたしたち夫婦は、今回の訪問でクアラルンプールでも
マラッカでもまっさきに華僑殉難碑に慰霊の黙祷をささげてきました。
=鄭和は明の永楽帝朝の宦官。イスラム教徒。大船隊を率いて1405~33年の間に
前後7回南洋・インド洋方面に遠征。通商貿易に貢献。三保太監または三宝太監
と称された。(1371~1434頃)
 唐突な上記の3行は広辞苑からの引用ですが、ポルトガル人がマラッカに現れ
る百年も前に鄭和が率いる大船隊がマラッカに寄港しています。鄭和のマラッカ
寄港690周年の年だそうで大きな商船の大型模型が町の大通りに飾られています。
私も道教式の鄭和廟に詣りました。コロンブスの新大陸発見よりも早くに中国人
の大船隊がアフリカ東岸にまで達していたのです。
 マラッカはモンスーン気候で西風が吹くときにヨーロッパからの商船隊が寄港
し、東風がふけば商船隊は日本の漆器や中国大陸の陶器、絹織物、さらにインド
シナの胡椒やシナモンなどを満載してマラッカに寄港したのです。まさに海のシ
ルクロードの中継点。当時をしのぶ豪華な建物がたくさん残っています。そして
21世紀のいまもマラッカ海峡は極東と中近東やヨーロッパをむすぶもっとも重
要な航路なのです。
 クアラルンプールから飛行機で1時間半、ボルネオ島のキナバルに着く。大き
な港まち。
 片道2時間も車に乗ってテングザルをみに出かけた。どんよりと濁った川を船
で動き回って樹上の猿をみるだけ。夜になってホタル見物に再度、船に乗る。た
くさんのホタルが同期して明滅しているのが不思議。暗いので星はきれいだが、
どれが南十字星かわからない。往復4時間もあるのでガイドの青年とはすっかり
仲良くなった。バジョウ族の陽気な男でムル族は首狩り族だからネックカッティ
ングに注意しろと首を包丁で切り落とすしぐさでしきりにおどかす。運転手のム
ル族の青年は運転に専念している。日本人のあんたのご先祖は海賊だろう、日本
語話せるガイドは俺みたいに英語オンリーより収入が三倍もある、コンニチハ、
サヨナラ、アリガト以外に何か教えろというので「あなたビジンですね。かわい
いオボッチャマですね。元気なオジイチャンですね」とか教えたが覚えが早い。
変なこと教えるなと女房に注意される。首狩り族も選挙の投票に行くのかムル
君に聴こうとしたら、また女房に怒られた。私のカタコト英語でもなんとなく通
じたのがうれしい。
明け方、火災報知器の音でたたき起こされた。ドア開けたら何か煙がたちこめ
ていて臭い。すわとズボンと靴はいて外に飛び出した。他の客もどんどん飛び出
してくるのに、従業員が知らん顔。フロントの女性に抗議すると、月一回のゴキ
ブリ退治の燻蒸です。防煙扉を閉め忘れてバルサンに火をつけてしまい、ごめん
なさいとニコニコしている。
車でキナバル山へ向かう。猛烈なスコールで山がみえるのか心配になったがバ
ジョウ君は大丈夫ですという。二千メートルもの高地の展望台にたどり着いたら
正面の雲の上にキナバルがそびえている。東南アジア最高峰の4095メートル。
台湾の玉山(ニイタカ山)が3952、富士山3776メートル。毎年5ミリずつ高くなっ
て造山運動中の地質学的には若い山。頂上の七つのピークがくっきりとみえる。
頂上直下の大岸壁に氷がはりついて陽光を反射。富士山のような整った優美さは
まったくない荒々しい男性的山容。30分くらいでまた雲に隠れてしまった。数万
年前の休火山という。ボルネオは活火山がなくて地震も津波もない。火山がない
ので窒素リン酸カリといった肥料が供給されない意外とやせた土地だと信州大学
の先生にきいたことがある。有り余る陽光による光合成と年間400ミリもの降雨
量でびっしりと植物が繁茂しているが、土壌はやせているというのである。焼き
畑農業は灰が土壌に還元されるが日本などがボルネオ産の材木をもちだしたあと
の復元はむつかしい。いま一番の大問題はパーム油をとるために熱帯雨林を切り
開いてつくった椰子林のモノカルチュア。パーム油は非常に需要があるのでモノ
カルチュアはとまりそうもない。
バジョウ君が石油・パーム油・観光の順でボルネオはなり立っているという。
戦後、マレーシア連邦としてイギリスから独立するときに、石油が豊富なブルネ
イが連邦に参加しなかった。またボルネオの南側のカリマンタンはオランダ領だっ
たのでインドネシアに編入された。ブルネイはみんなスリーピングして暮らして
いるとバンジョウ君がうらやましそうな顔をした。
帰り道に樹液をとっているゴムの木をみた。南米原産であったが、イギリス人
が種子をもちだし王立キュー植物園で栽培に成功し、マレー半島でのゴム栽培を
はじめた。世界最大の食虫植物ラフレシアの巨大な花もみた。花のあやしい匂い
に引き寄せられて昆虫が群がっていた。
ボルネオも三日目となった。もう二度とくることは無いだろうとつい余計なこ
とを思うのは年のせいか。
少数民族の村を訪ねた。ボルネオ島の代表的な五つの少数民族の生活を観光化
してみせている。たしかに首狩り族だったムル族の家の玄関にはすっかり干から
びた人の頭が五個つりさげてあった。
韓国、台湾、中国、香港などの観光客10数人といっしょに歩いて森の中でみ
んなで昼食を仲良く食べた。みんな似たような顔で区別がつかない。尖閣だ、竹
島だと領土争いすることがくだらないことだと思った。
 山崎朋子『サンダカン八番娼館』のサンダカンはボルネオ島北部の港町だが、
さらに車で5時間かけて山越えする必要があるというので今回はあきらめたのが
少し心残り。

寂しいオヤジ会の花見  星林

本日、近所のオヤジ会の仲間15人で花見をしました。好きな者が集まってやるのだから楽しい。初めは霰が降ってきて心配したが、その後は青空も見え、約5時間楽しい時間を過ごした。4/1にも職場で花見をし、幹事をしたが若い参加者は仕方なく参加するという感じでなかなか難しい。世代を超えた交流ができるいい機会なのに寂しいものだ。

今年一番のお花見日和

01/04/14
てんぐさ

初投稿にチャレンジ。
通勤途中でちょっと寄り道して、お正月の七福神めぐりでみなさんと行った、谷中天王寺へ。
日暮里駅南口の先にある階段を上ると、そこはもう別世界。
谷中墓地は桜が本当に満開でした。
静かにみんなそぞろ歩き。
今日が今年一番のお花見日和です。

谷中墓地
プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。