スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県知事選挙(水玉文庫)

14/10/05
水玉文庫

○福島県知事選挙

10月26日(日)は福島県知事選挙。
お盆帰省のときに、熊坂義裕さんという方が立候補したというニュースをみた。
岩手の人なのに立候補するなんて、変わった人だなぁと思ってた。
現職は継続する意志はなく、どうなるんだろうと思ってたら、
副知事が立候補。
自公民社が推薦。
自民党推薦。
…これはどうなの?と思った。

ある日、田口ランディさんがご自身のブログに
福島県知事選挙を取り上げていた。
「福島県知事選挙について考えてみました」
選挙運動は苦手といいながら、
ご友人のお兄さんが熊坂さんで、
熊坂さんを通じて、福島県知事選挙について考え、
このままでいいんだろうか、ということでこの記事を投稿したらしい。
=============
■福島県知事選挙を応援したい
選挙運動は苦手。福島県民ではないし、現状で特定の立候補者を応援するほど福島の県政に詳しいわけでもない。でも、どうなんだろう、選挙が盛り上がらずに、いまの流れで副知事で決まり、というのは、私が出会ってきた子供たち、農家の方、お母さんのたちの思いがあまりにも反映されない感じがしてしまう。
どちらを応援しているというわけではないけれど、圧倒的な知名度の差で、議論が盛り上がらず、投票率も低かったりしたら、それはなにかしらよくない影響を他の地方に与えてしまうような気がした。
なので、私は福島県知事選挙を応援する、というスタンスをとることにした。福島県のことは福島県の方々が考えればいい。考える上で、岩手県で手腕をふるってきた福島県出身の政治家が、いち早く立候補を表明し、これまでの県政の流れを変えたいと主張していることを知ってもらい、考えるための参考にしてもらえればいいんじゃないか。

■福島県知事選挙について、みなさんはどう思われますか?
私はこの機会に福島県内外で、様々な議論が盛り上がり、選挙が盛り上がり、誰が知事になっても、いろいろな声に耳を傾けてほしいと思っています。数の論理だけで、押し通してほしくないと思っています。そのために、選挙という制度があるのだと思います。
=============
福島は分断されていて、流れを変えるのは難しいし
私は出身者であっても、今は県民でもない。
でもやっぱり、流れが変わって欲しいしと思い、
Facebookでランディさんのブログをシェアしてみた。

親戚にも伝えたいが、
なにせネット環境にない人たちなので、
ニュースや新聞以外の情報が届かない。

でも、このブログは
「声は小さく、つぶやきでも、出せばきっと住みよい世の中になる」
という趣旨なので、書いてみた。

棄権せず、投票へ。
福島に良い風が吹きますように。
スポンサーサイト
プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。