FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたふたキューバ訪問記6

MIN
あたふたキューバ訪問記6
(1月10日、ゲバラ霊廟)
 サンタ・クララに何故「ゲバラ霊廟」があるのだろう。ゲバラは1967年にボリビアで、ボリビア政府軍との戦闘で殺された。没後20年の1987年を記念して、ゲバラの銅像と同じ戦闘で亡くなった38人の慰霊を込めて、38の石墓を安置する霊廟を革命戦争勝利の突破口となったサンタ・クララに、カストロらによって建立されたのだ。その後、1997年にボリビアでゲバラの遺骨が発見され、この霊廟に収められた。いまでは、ヨーロッパからの観光客がバスを連ねてやってきている。
 ゲバラの霊廟を見上げてみると、サンタ・クララの戦闘(1958年12月28日~29日)を指導したゲバラの銅像がそびえている。その下の石碑には、ゲバラの言葉が刻印されていた。そこにゲバラのサイン「チェ」があるのだが、一字剥がれて無くなっていた。それくらい修復すればいいのに、キューバ人は、些細なことには気にしない性格のようであった。
 記念碑の下に、霊廟とゲバラ博物館が並んであった。大勢のヨーロッパ人に混じって、順番に霊廟内に入った。38の石墓が壁の中に嵌め込まれていた。ゲバラの石墓も、特別扱いされたりせず静かに収まっていた。何故か厳粛な気分になったのである。
 その隣の博物館には、ゲバラの幼少期から死ぬまでの経過を写真と遺品で展示してあった。あの有名な「カストロへの手紙」もあった。ゲバラは、何とも多感で正義感の溢れた青年であったことがうかがえる。この博物館からは、「キューバ革命の初心ーー平等な社会の建設」というものを、いつまでも持ち続けようとするカストロらの決意が察せられたのであった。
<br
転覆させた装甲列車をそのまま展示してある。

 サンタ・クララのもう1つの見所は、「トレン・ブリンダード記念碑」である。1958年12月29日、ゲバラの指揮する革命軍はここでバディスタ政権の装甲車(ハバナを占拠したカストロを攻撃すべく、正規軍と武器弾薬を満載していた)を襲撃し、多くの武器弾薬を手に入れたのだ。バティスタは、サンタ・クララでの敗北を知り亡命を決意。国の財産を運べるだけ運んで家族と共にアメリカに逃げた(1959年1月1日)のだ。こうして、サンタ・クララは革命勝利のキッカケの場所となったのである。
 その襲撃場所に、線路を脱線させたブルトーザーや横転した装甲車・列車と共にモニュメントが展示されていた。場所は街中のごく普通の道路わきで、私たちが見学していると通りがかりのオヤジが声をかけてきた。残念ながらスペイン語はまったく分らなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。