FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたふたキューバ訪問記9

MIN
あたふたキューバ訪問記9
(1月12日、再び旧市街で)
 本日は、終日フリータイムである。つまり、何の予定もない。ホテルは旧市街の中心にある。歩いて行く範囲に乗り出すことにした。最初に行ったのは、旧市街地のはずれにある美術館である。ここには、キューバの現代アートが展示されていた。そこを、じっくり観て周ったのだ。数々の油絵は見ごたえがあったが、前衛アートの抽象画や造型には、自分の能力の限界を感じてしまう。よく理解できないのだ。ただ、ここにもキューバ独立の父ホセ・マルティンを題材にした絵が幾つもあったのが印象的であった。ホセ・マルティンがいかに愛されているかが判ったのである。
支倉常長の像

 旧市街の沿革を歩いて、支倉常長の立像を見つけた。これが、仙台の私立高校が寄贈した像であることが看板によって知った。支倉は、江戸の初期に伊達政宗の命令でバチカンに行く途中に、この地を通って行ったのだ。何とも不思議なことがあったものだ。支倉が帰国して正宗のもとに戻った時は、日本はキリスト教を禁教していた。支倉は、棄教せざるを得なかった。像を見ていて、支倉のその心境になぜか思いを馳せてしまったのである。
 旧市街の中の小さな市場を覘いてみた。驚いたのは、イヤリングを買った女性が、抱えていた子供の耳に付けるため、その場で、嫌がって泣く子供の耳に穴を開け始めたことだ。なんとも乱暴なことであったが、誰も注意する人はいなかった。私が顔をしかめていると、ウンウンとうなずく人がいるだけだった。
 こうして、ブラブラそぞろ歩いていた。時たま、アフリカ音楽をかき鳴らしながら踊り歩く一団に遭遇した。シャッターを向ける観光客からチップを貰いながら、行進しているのである。それを、若い女性警官が静かに見守っている。なんとも華やかだが、安全な気配も漂っているのであった。こんな処が、昨年のインドとは違って好ましかった。
 ということで、キューバの時間は終わり。翌日には、帰国の途についたのでありました。(終わり)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。