スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーちゃんのターミナルケア日記(2)

まずなぜ愛猫の名前がピー助なのか?それは1980年に公開された「のび太の恐竜」という映画を小学校に上がるまえの豚児と一緒に見に行ったことだ。映画のチケットは抽選で当たったような気がする。日比谷の映画館の試写会に遅れそうんなって豚児を背負って冬に大汗をかいて走った記憶がある。その映画の中でのび太が出会う恐竜の子どもが「ピー助」だったのである。
家族が道路で泥まみれになっている生まれて間もない仔猫を拾ってきて育てることになった。手のひらに載るくらいの大きさだったが、ミルクをやったり必死に育てた。仔猫が「ピー、ピー」と泣くので映画を見たばかりという事もあって「ピー助」に決定した。
当時家には知り合いの印刷会社からもらってきた10歳くらいの猫が一匹いた。その名前は「ダイゴロー」といった。最初拾ってきたばかりの猫を毛嫌いしていたが、やがてせっせと可愛がるようになる。まさに「猫かわいがり」という言葉がぴったりするように、全身をなめ尽くしていたので、写真のように常にピカピカだった。
「余命一ヶ月」宣告から3日間はぐったりした様子だった。それでも飼い主が必死になってエサを与えたりすると多少元気になってきたように見える。後ろ足はふらつくが、猫ちゃん用のトイレまで、必死に歩いていっておしっこもでるようになった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。