FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長引く咳とその快復(水玉文庫)

13/12/01
水玉文庫
○長引く咳とその快復

先月中旬に風邪をひき、強い咳が続いた。
3週目に整体教室で大分調整してもらったのだけど、完全には止まらず、さすがにやばいかと思い、4週目に病院(呼吸器内科)に行く。
両親は結核・肺炎ではないかと心配していたけど、そうではなく、喘息の一歩手前の症状だという、咳喘息と診断される。
完治するには罹った期間の3倍、私の場合は3ヵ月かかるといわれる。
そして抗生剤2種類と吸引を処方される。

ところで吸引とは少量のステロイド剤を吸うことで、血液中には入らないので、副作用等の心配はないといわれる。
事前にネットで咳喘息とその治療法をみてはいたけど、実際に薬を処方されるのをみて、完治に3ヵ月かかるといわれていたこともあって、薬、特に吸引への抵抗感をすごーく覚えた。
けど、流れるような医師の説明の前に、何か聞きたいことありますかともいわれたけど、何も言えなかった。

薬局で薬を出してもらうも、なんか気が重くなるばかりで、飲むのは控えようと思う。

ちょうど同じ頃、かなーりストレスに思っていた案件への気持ちが前向きに変わった。
そしたら咳が一日でない日があった。
心因性の咳もあるとネットでみてので、ストレスが原因だったのか!と思う。
(ちなみに喉がヒリヒリと痛むということがずっと続いていたのだけど、なぜか咳が長引く間にその痛みも消えた。)

咳はその後も出ることがあって、そういう場合は寒い格好をしていて、体が冷えてしまった時。
首にタオルを巻いたり、背中にタオルを入れたり、レッグウオォーマーを履いてたりしていると咳は出ない。
あと話すと咳が出やすい。ので話すのを控える。

もちろん病院にいって検査したおかげで、肺炎、結核、その他感染症という可能性が消えて、余計な心配がなくなったというがあったからこそ、ストレスと寒さが原因とわかったわけで、行ってよかったとは思う。

何はともあれ、万病の元である風邪を引かないのが一番です。
みなさま、寒さとストレスにはくれぐれも気を付けてお過ごしくださいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。