スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従順な奴隷(水玉文庫)

15/01/18
水玉文庫
○従順な奴隷

『東京新聞』で防衛予算が増加と知り、
何それと思うと、
今度はFacebookとツイッターで
辺野古が非常に大変と知る。

目取真俊さんのブログを読む。
http://blog.goo.ne.jp/awamori777

海上作業開始に対するカヌーによる抗議活動の報告。
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/32e4df1c7bc7b2e7d3a60e3315c7d5a
6
海上保安庁ひどすぎる。


海上保安庁職員の思考停止状態。
これ、すごくわかる。
私の場合、組織、上下関係が嫌いだが、
一端組織や上下関係に入ってしまうと、
その枠に自分を入れてしまい、
上から言われたことを
ぶつくさ思いながらも、
結局それに従って、
不平不満をいいながら、
そこに止まる。
止めればいいのに。

何故止められないのか。
お金、生活、人間関係…
そこを失った際の恐怖、不安。

この社会で生きるには
従順な奴隷であるようにと
目に見えぬ形でしつけられ、
今なおその期待に応えているのだ。

同じように、
従順な奴隷である彼らを
批判することは私にはできない。

でも、
でも、でも、でも、である。

大事にすべきものを
自らの手で失う前に
気付いてほしい。

私も奴隷は止める。

明けましておめでとうございます。

15/01/06
水玉文庫
○明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
格差社会はどんどん進んでいるらしく、
どう考えても私は下の方なんですが、
それなりになんとか楽しく、生きています。

前から思っていたことなんですが、
お金がふってくるといいな~と思う私ですが、
お金がなくても、早々には死なない、死ねない。
わからないけれども
生まれた以上、存分に生きていかないと。
そして存分に生きるためにも健康第一。

みなさまの心と体が健やかな一年ですように。

おお「ブログ」が消えてしまうよ。

みなさんメルマガを書くという行動はかなりエネルギーを消耗します。はっきりいうと2週間の「成果」を問われるのでブログより大変です。こんかいメルマガを送信して1時間もたたないのに、携帯に留守番電話が入っていました。なぜわたしの明後日の予定が知られているのかとても不思議な気持ちになりました。この電話を下さったかたは「福島バッジプロジェクト」なさっているMさんとおっしゃる方です。時々国会正門や、「希望のエリア」にいらしてスピーチをなさっています。半年くらい前ですが、動画を撮影してYouTubeにアップロードして知りあいになりました。
昨年の9月23日は亀戸中央公園でお会いした仲間の皆さんにご紹介して下さいました。(続く)

ある種の「政治不信というキャンペーン」(水玉文庫)

14/12/06
水玉文庫
○ある種の「政治不信というキャンペーン」

今度の選挙について
「政治に何にも期待していない」
という30代女性の新聞コメントをみた。

こんなコメントは常に誰かが発言している。
多くの人が感じていることかもしれない。

けれども、政治に期待する、期待しないというのは
何か他人任せなんじゃないか、
政治って自分たちが作り出すものではないか、
と今までにないモヤモヤ、違和感を覚えた。


今朝、いとうせいこうさんの文章を読んだ。

いとうせいこう「【総選挙2014】一羽の鳥について(あらゆる選挙に寄せて)」
http://politas.jp/articles/213

“ある種の「政治不信というキャンペーン」によって「無力」さを刷り込まれているのだ。”

そうなのだ、そうなのだよ!!

“国民が「政治不信」になればなるほど、組織票を持つ者が好き勝手にふるまえる。

むしろ無力なのは選挙に落ちるかもしれない政治家の方だということを思い出して欲しい。

選挙期間というのは「無力」さの逆転が起きる時間なのであり、結果を決めるのは例の「私たち」以外にない。

つまり「私」以外に。

その時「力」はどちらにあるか。

あなたにある。

これが選挙というものの恐るべき、スリリングな本質だ。”


2014年12月16日、日曜日。
選挙、行こう。

最高裁判所裁判官国民審査もお忘れなく。

平和の俳句

14/12/01
水玉文庫
○平和の俳句

中日新聞、東京新聞で「平和の俳句」を募集している。
http://www.tokyo-np.co.jp/heiwanohaiku/

平和が一番、俳句も好き。
だから私も応募しようかなと思うのだけど
なかなか思いうかばないものである。


国家よりワタクシ大事さくらんぼ 攝津幸彦

生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子


平和そのものをうたっているわけではないけど
平和の俳句を思った時に浮かんだ句二つ。

俳句に限らず、ここしばらく詩が気になっている。

詩を読み、感じ、
自分の中の平和を、
広げていくのもいいなと思う。
プロフィール

きょうの目

Author:きょうの目
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。